カリフラワー日記

30代サラリーマン 趣味、勉強、たまに仕事のこと。好きな食べ物は梅、イカ、コーヒー、カリフラワー。ちなみに英語でカリフラワーはcauliflower。

*

【ダニ一掃!快適な布団】布団乾燥機+ゴミ袋でダニ退治

      2017/09/20

梅雨が終わって、毎日猛烈な暑さですね。こんな天気なので布団を干せばダニも一発で退治できるのではと思っていたのですが、こないだ風呂あがり、髪を乾かしながらなんとなーくみてたためしてガッテンで、「日光でダニは死なない、むしろ日光浴程度」とかいってて、アレルギー性鼻炎に悩む僕としては衝撃でした。

50℃の熱で20~30分、60℃の熱で一瞬で死滅

日光でも、洗濯しても、乾燥させても、紫外線でもダニは死なないらしく、え、じゃあ、あの例のふとん用掃除機は…?と思いましたが(もともと僕はそんなシロモノ買えるような富裕層ではないので関係無いですけど)、日光や洗濯がだめってのは困ったもんだな―と思いました。で、テレビみてると自分のベッドもなんかもうすごいことになってんだろーなーて思えてきて、結局休日の午後を潰してダニ対策しました。番組では50℃の熱で20~30分、60℃の熱で一瞬で死滅という結論でしたので、それを参考にしました。うちには布団乾燥機(ヨドバシのポイントが中途半端にあって、使い道に困って買った)があるのですが、番組でも言ってたように、あれって布団の隅々まで熱が行き渡らないので、意味あんのかって思ってたんですよね。番組では布団で布団乾燥機の熱風が入る袋を布団で包むって方法を紹介してましたけど、それには掛け布団と敷布団が必要(うちはベッド)なので、どうしようかと考えた結果、こうしました↓。

ゴミ袋の隅っこ両方をはさみで切って小さな空気の通り道を作り、その中に布団を折りたたんで入れました。これで1時間くらい熱風を送り込み、そのあと掃除機を念入りにかける、という工程です。ちなみに45リットルのゴミ袋でシングルサイズの掛け布団、セミダブルサイズのベッドパッド、枕2つ、がそれぞれ入りました。これでダニが壊滅できたかは、顕微鏡などないので正確にはわからないですが、少なくとも日光浴よりは効果があったのでは…、と自己満足しています。とりあえずふっくらはしました。試す人がいるかわからないですけど、熱とかで布団が傷んだりしたらあれなので、もし試すときは自己責任でおねがいしますね。

 - 生活の一工夫

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3 follow us in feedly

  関連記事

関連記事はありませんでした